スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)

 国民新党の亀井代表の閣僚辞任を受け、後任となった同党幹事長の自見金融・郵政改革相は11日夜の就任会見で、成立が先送りされる郵政改革法案の見直しについて「現時点では考えていない」と述べ、同一の法案を参院選後の臨時国会で成立させる考えを強調した。

 一方、日本郵政の斎藤次郎社長は、東京都内で記者団に「今の法案をそのまま臨時国会に出すのなら、経営にはそれほど影響はない」と語った。「できるだけ今国会で成立してほしかったが、政治情勢だから仕方がない」とも述べた。

本因坊戦、山下が2勝目(産経新聞)
生活保護費で使途不明金 高槻市(産経新聞)
<福島第2原発>1号機トラブル 金属棒の破損が原因(毎日新聞)
「父親に贈りたい言葉」「娘に言われたくない言葉」は何ですか?(Business Media 誠)
都内にある会社の夏のボーナス、71万1732円(Business Media 誠)

緑いっぱい、ニコタマ公園 世田谷区が計画案(産経新聞)

 世田谷区は31日、東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅近くに、平成24年度末と26年度末の2期にわけてオープン予定の「区立二子玉川公園(仮称)」の基本計画案を公表した。

 基本計画案によると、公園予定地は、二子玉川駅から徒歩9分の多摩川河川敷隣接地約6・3ヘクタール。

 二子玉川駅に近い約半分の区域は24年度末の開園を目指して広場や庭園を整備。また、上野毛駅にも近い残り半分については26年度末の開園を目指し、児童の遊び場などを整備する。

 区は20年度から東急電鉄などから用地を取得。21年5月から地域住民も参加し、基本計画案づくりを進めていた。区は「広大な公園を整備することで、区内の3分の1を緑化する『みどり33』の実現に一歩、近づけたい」としている。

<環境白書>閣議決定 環境技術で新たな成長(毎日新聞)
復活デゴイチに潜入 45年ぶりに八ケ岳山麓を快走(産経新聞)
スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)
東大阪市 ラガーシャツで勤務…ラグビーW杯誘致目指し(毎日新聞)

「キャリア段位」導入へ=非正規の待遇底上げ―政府(時事通信)

 非正規社員の待遇底上げを目指す政府の「実践キャリア・アップ戦略推進チーム」(主査・仙谷由人国家戦略担当相)の初会合が25日、開かれた。会合では、会社を辞めても次の就職希望先が同一業界ならば、適正な待遇で見つけやすくなるよう、新たな職業能力制度「キャリア段位」の導入に向けた本格的検討に入ることを決定。6月にまとめる新成長戦略に、今後5年間の導入計画を盛り込むことも確認した。
 キャリア段位は、分野ごとの実践的な職業能力を客観的に評価する制度。企業で働きながら業界横断的な職業能力の「段位」を取得できるのが特徴で、政府は業界団体や教育機関と連携、介護や環境など成長分野でまず普及させたい考えだ。 

専用設計のオーディオシステムを搭載した限定10台のベンツCLSクラス(Business Media 誠)
首相、近く宮崎訪問の意向…口蹄疫被害拡大で(読売新聞)
DEEP、6月にシンフォニックコンサートツアーを開催
米国務次官補が「次の日本の首相は誰?」 平沢氏、会談時の逸話披露(産経新聞)
元日本代表FW・西澤さん「海外移籍が当たり前になるよう貢献したい」(産経新聞)

封鎖地域内の邦人23世帯に外出自粛を要請(読売新聞)

 在タイ日本大使館は19日朝(日本時間19日午前)、タイ治安当局が反政府勢力の強制排除に乗り出すと発表したことを受け、封鎖地域内の邦人23世帯に、外出を控えるよう個別に電話で連絡した。

 外務省によると、約30人が同地域内に残っているという。また、バンコク在留邦人に対し、注意を呼びかける一斉メールを送信した。

奥田民生の“宅録”音源が3 時間30 分後にケータイで聴ける!10 回連続企画の第1 弾は「最強のこれから」 株式会社レコチョク
谷村新司さん、非行防止へ楽曲書き下ろし(産経新聞)
ポルノは人間にとって悪いものではない
首相、23日沖縄再訪固まる(時事通信)
ニキビ 放っとかないで 早めに皮膚科できれいに 初期治療も可能な新薬(産経新聞)

B型肝炎訴訟 「長男成人するまで生きられるか」救済策一刻も早く(産経新聞)

 「スタートラインにすら立てなかった」。14日、国が和解協議入りを正式表明したB型肝炎訴訟。しかし、具体策が提示されなかったことに、多くの原告は怒りをあらわにした。東京原告団副代表の石川冬美さん(32)=川崎市=もその1人だ。札幌地裁の和解勧告から2カ月。その間に原告の仲間2人が死亡した。命の危機に直面している原告も多い。「国は解決を引き延ばそうとしている」と声を震わせた。(蕎麦谷里志)

 石川さんがB型肝炎ウイルスの感染を知ったのは18歳のとき。弟の感染判明をきっかけに、家族全員で検査をしたところ、石川さんと母親の感染も判明した。祖父母は感染しておらず、担当医から「母親が集団予防接種で感染し、母親から2人に母子感染した可能性が高い」と伝えられた。

 平成18年11月、職場で突然嘔吐(おうと)。運ばれた病院で免疫がウイルスに過剰反応する「急性増悪」と診断された。10月に結婚、新婚生活をスタートさせたばかりだった。「何も悪いことしてないのに…なぜ」。当時28歳。突然のことに現実が受け入れられなかった。

 樹木医を夢見て2年半勤めた造園会社も、肉体的な負担が大きいため、辞めざるを得なかった。今は体調は安定しているが、担当医からは「いつ肝がんへ進行してもおかしくない」と言われており、毎月1回の定期検査は欠かせない。悪化を防ぐには抗ウイルス薬の服用という選択肢もあるが、決心できずにいる。薬の副作用で生まれてくる子供が障害を持つ可能性があるためだ。

 仕事、夢、家庭、出産…。石川さんの人生の歯車は大きく狂った。心の支えは2歳になる長男。笑顔を見ているだけで病気を忘れさせてくれる。ただ、「この子が成人するまで生きていられるのか」と不安になることも多い。

 昨年3月、裁判に加わった。「集団予防接種なので誰が感染してもおかしくなかった。国は国民全員を危険にさらしたことを謝罪し、責任を果たしてほしい」。石川さんは訴えている。(蕎麦谷里志)

【関連記事】
B型肝炎訴訟 原告代表「もう待てない」…廷内に響くすすり泣き
B型肝炎訴訟 長妻厚労相 「議論尽くされていない論点多い」
B型肝炎訴訟 和解協議入り 札幌、10地裁で初
B型肝炎訴訟で閣僚会合 救済範囲など検討
B型肝炎訴訟 国が和解受け入れへ調整
少子化を止めろ!

エルニーニョ現象、終息へ=北日本の夏は涼しく−気象庁(時事通信)
首相発言「実現強く望む」 普天間問題で福島氏(産経新聞)
自殺率「生活保護受給者」は2・5倍(読売新聞)
阿久根市長 市体育協会の会長職を要求(毎日新聞)
淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明(産経新聞)

生体肝移植前に寄付金募る=11人から計1173万円−東京医大八王子(時事通信)

 東京医科大八王子医療センターが生体肝移植手術を受ける予定の患者に寄付を募り、11人から計1173万円余を受け取っていたことが1日、分かった。寄付金は、移植手術を指導した外部医師への謝礼や、保険適用外の薬剤費に充てたという。
 高沢謙二センター長は「寄付は任意だったが、手術前というのは慎重さを欠いていた」としている。
 同センターによると、患者に寄付の説明をしたのは、当時の第5外科主任教授と准教授(ともに退職)。2005年以降、「移植医療の振興のため」として寄付を募り、同年10月から08年1月までに、患者25人中11人から9000〜300万円の寄付を受けた。うち9人が手術前か直後の入金で、ほぼ全員が100万円以上の額だった。
 従来、保険適用外で有効な薬剤には研究費を使用していたが、05年ごろから研究費が枯渇してきたため寄付を募ったという。
 生体腎移植でも同様に、05年11月から08年10月までに7人から計190万円の寄付を受けていた。
 同センターは、寄付金は大学の口座に入り、用途も目的に合っているため問題はなかったとしているが、今後は目的を提示した寄付金の募集はしないとしている。
 同センターでは、生体肝移植を受けた患者の死亡が高率に上り、術後管理や患者への説明に問題があったとして、現在検証を進めている。 

<JAL>空も地上も男性スタッフだけ 「こいのぼり」フライト(毎日新聞)
<野口聡一さん>「宇宙授業」ISSから(毎日新聞)
柔道合宿で高3死亡、大外刈りで倒れ後頭部打つ(読売新聞)
水俣病 「納得できぬ」「感謝したい」…54年の思い複雑(毎日新聞)
元LOFT社長 安森健氏に聞く「なぜ、今雑貨ブーム?」(産経新聞)

<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)

 中央大理工学部教授の高窪統(はじめ)さん(当時45歳)殺害事件で、殺人罪に問われた元教え子のアルバイト店員、山本竜太被告(29)の第5回公判前整理手続きが22日、東京地裁(波床昌則裁判長)であり、弁護側の「事件当時、心神耗弱状態で責任能力は限定的」との主張について、検察側は争わない方針を示した。

 心神耗弱は、物事の善悪を判断したり、それに従って行動する能力が著しく損なわれた状態をいい、刑法は「刑を減軽する」と定める。裁判員裁判で行われる山本被告の公判は、これを前提に進められることになった。

 検察側は捜査段階で精神鑑定を行い、「責任能力に問題はない」として起訴していた。一方、この日の手続きで弁護側は、心神耗弱の根拠として新たに「事件当時、妄想性障害があった」との見解を示した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:懲役25年確定の被告 さらに懲役7年の判決
裁判員裁判:母親に有罪判決 回復の見込みない息子刺殺
裁判員制度:東京高裁「合憲」 初の憲法判断
裁判員裁判:自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年
裁判員裁判:入院長男刺殺の母親に懲役5年求刑 東京地検

日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も(産経新聞)
<鳥取不審死>田口さん殺害容疑の立件断念 捜査本部解散へ(毎日新聞)
コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
<400系つばさ>初代ミニ新幹線車両がラストラン(毎日新聞)
より戻したくてニセ救出劇!ヒーローと強盗演じた男子大学生逮捕(スポーツ報知)

ドウシシャ、9000万円所得隠し=「子会社への寄付」と指摘−大阪国税局(時事通信)

 東証1部上場の総合卸売会社「ドウシシャ」(大阪市中央区)が大阪国税局の税務調査を受け、2009年3月期までの4年間で約9000万円の所得隠しを指摘されていたことが16日、分かった。消費税約6000万円の納付漏れもあり、追徴税額は計約1億円。同社は既に修正申告に応じ、全額納付したという。
 同社によると、子会社「ドウシシャ物流」(大阪府泉南市)に支払っている年間約2億円の倉庫料が相場より1割ほど高いと指摘され、差額が子会社への寄付金と判断された。非課税の倉庫土地賃貸料に誤って消費税を上乗せし、同社が納める消費税額が少なくなったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
協力の元コンサル代表に実刑=キヤノン工事脱税
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し
EXILE事務所が1億超所得隠し=経理処理に仮装・隠ぺい

<1Q84>朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
火災 強風で8棟焼き延焼中 札幌(毎日新聞)
<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)
「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記−民主(時事通信)
ココカラファインとアライドハーツ合併 基本合意を発表

堺の男児虐待死、母親の交際相手の男を傷害容疑で逮捕(産経新聞)

 堺市堺区中向陽町の自宅マンションで意識不明の重体に陥り、搬送先の病院で死亡が確認された1歳6カ月の男児について、母親(21)の交際相手の男が虐待を認めたとして、大阪府警捜査1課と堺署は15日、傷害の疑いで、母子と同居中の無職、古田島昂志容疑者(23)を逮捕した。

 府警によると、古田島容疑者は「子供をあやしたのに泣き止まず、腹が立った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は13日午後6時〜14日午前5時ごろ、堺市堺区中向陽町のマンション2階の一室で、男児の腹部を力を込めて押さえつけるなど暴行し、消化管穿孔と腹腔内出血の傷害を負わせたとしている。

【関連記事】
近所住民「まさか…」 堺の1歳児死亡、また虐待か
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
寝屋川女児虐待死 「次女がたたいた」夫婦、言い訳繰り返す
大阪の2歳虐待死 子供の愛想笑いに怒りか
「毎日泣き声…奥さん怒鳴ってた」 警鐘伝わらず

スカイマークが改善計画=「ヒヤリハット」懲罰対象外−国交省(時事通信)
留置者名記載の文書落とす=廃棄せず、駅改札で−兵庫県警(時事通信)
<虚偽勧誘>業者に業務停止命令 東北経産局(毎日新聞)
胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)
<ゆうちょ銀・かんぽ>新規事業の参入規制緩和で最終調整(毎日新聞)

今年もお目見え「雪の壁」 立山黒部アルペンルート、いよいよシーズン幕開け(産経新聞)

 標高3千メートルを超える北アルプス、立山連峰を貫き長野と富山の両県を結ぶ立山黒部アルペンルートが17日に全面開通する。昨年は103万7千人の観光客が訪れた人気スポットでは、除雪や点検作業などオープンに向けた追い込み作業が続いていた。6日には訓練や点検作業などの様子が報道陣に公開された。

 立山黒部アルペンルートは関電トロリーバスの起点となる扇沢(おうぎさわ)(長野県大町市)と立山ケーブルカーが出発する立山駅(富山県立山町)を結ぶ山岳観光ルート。

 長野側から黒部ダム(1470メートル)に向かう際、扇沢からトロリーバスで関電トンネルを抜ける。昨年3月にフジテレビで放映され話題を呼んだ「黒部の太陽」の舞台にもなった関電トンネルでは事故を想定した訓練が行われた。関係者約60人が参加し、災害発生時の初期対応や避難誘導などを確認した。消火訓練ではトンネルの側溝を流れる湧水をポンプでくみ上げ鎮火させた。

 次に立山ロープウエー「大観峰」駅(2316メートル)ではロープウエーのゴンドラ上で作業員による点検作業が実施された。大観峰までは、黒部湖からケーブルカーで黒部平(1828メートル)まであがり、さらにロープウエーを利用してたどり着く。立山ロープウエーは途中に支柱が一本もなく、点検作業は横風との戦いでもあるという。

 ルートの最高地点である室堂(2450メートル)前のターミナル駐車場では8台のブルドーザーが除雪作業を急ピッチで進めていた。両側にそそり立つ雪の壁「雪の大谷」が同所を起点に散策ができ、今年の壁の大きさは16メートル程度になるという。最近ではGPS(衛星利用測位システム)で10メートル以上雪に埋もれた道路を特定でき、効率よく除雪作業ができるという。

 オープンに向けた準備作業は着々と進み、10日には長野側がJR信濃大町駅から室堂まで、富山側が電鉄富山から弥陀ケ原(みだがはら)(1930メートル)まで部分開通する。17日には全線が開通し、今季のアルペンルートが幕開けする。

【関連記事】
春への道着々 立山黒部アルペンルートで開通準備
元バス運転手を書類送検 4月のアルペンルート横転
立山黒部アルペンルートで感謝月間 お得な切符発売
アルペンルート「七曲がり」でバス横転 乗客ら軽傷
15メートルの雪の壁が歓迎 立山アルペンルート全線開通
「中国内陸部の資源事情とは…?」

園田氏が離党届提出 自民前幹事長代理(産経新聞)
首相動静(4月5日)(時事通信)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
岡田外相「新核戦略指針の事前説明受けた」(産経新聞)
「反民主」平沼新党、きょう夕に結成会見(読売新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
サイドビジネス
モバイル ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ショッピング枠現金化
債務整理
クレジットカード現金化
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    志波康之 (01/15)
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    ガトリング白銀 (01/10)
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    ソルバルウ (01/02)
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    タンやオ (12/28)
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    こういち (12/24)
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    ポリエモン (12/19)
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    ゴンボ (12/18)
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    パイン (12/14)
  • 自見新大臣、郵政法案見直し「考えてない」(読売新聞)
    俊之 (12/05)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM